宗教不問の霊園購入体験談

10年ほど前、祖父が亡くなったのを機にお墓を購入しました。
選んだのは宗教不問の霊園です。私と両親は無宗教、祖父母はクリスチャンということで、お寺ではなく宗教に関係無くお墓が建てられる霊園が候補になりました。

お墓探しを始めた頃から、和風の縦長のお墓よりも洋風のお墓が良いと家族の意見は一致していました。最初に見学に行った霊園で案内してくれた石材店の方がすごく親切で、近くの他の霊園もいくつか案内してもらってその中で決めました。その時に、今は洋型のお墓が人気と言われ、実際に洋型のお墓が並ぶ霊園が多かったです。

わが家は芝生の墓地で、お隣のお墓との間に余裕のある「ゆとり区画」を選びました。墓石の形は決まっていましたが、石の種類は選べましたので、ピンクっぽい石にしました。価格は墓地の使用料も含めて、150万円くらいです。霊園によっては石を変更すると価格が上乗せになるところもあるそうですが、ここは6種類くらいの石が選べて、全て同じ料金でした。

休憩室の窓からは霊園の咲いている花が見えます

管理棟の中に休憩室があるのですが、広々としていて陽当りが良く、お墓参りに行った時はそこで少しお喋りしながら休憩するのが定番になっています。

セルフサービスのドリンクサーバーが置いてあって、飲み物が無料でいただけます。お水、お茶、コーヒーの3種類で、お茶とコーヒーはホットもありますので、寒い日には特に嬉しいです。

休憩室の窓からは、霊園の咲いている花が見えます。植栽がよく手入れされていて、花は季節ごとに違うものを植えているそうです。祖父は植物が好きでしたが祖母もお花が好きで、祖父の定年後は夫婦でガーデニングを趣味にしていました。お墓参りに行った際、休憩室で飲み物をいただきながら花を見て、祖父の思い出話をするというのがお墓を建ててからの定番になっています。

正直、最初は休憩室に特に魅力は感じていなかったのですが、お墓参りを重ねるうちに「ここがあって良かったな」としみじみ思うようになり、今ではお気に入りです。

管理人の方が献花を片付けてくれます

お墓参りに行く時はいつもお花を持って行くのですが、ここの霊園は墓前に供えたお花が枯れてしまうと、管理人の方が片付けてくれます。

祖父の田舎には先祖代々のお墓があり、何度か行ったことがあるのですが、そこはお花が枯れてもそのままでした。これまで私が知っているお墓といえばこの田舎のお墓だけだったので、どこもそういうものなのだろうと思っていましたから、枯れたお花を片付けてくれるというのには驚きました。

おかげさまで、お墓参りに行くといつもさっぱりとしていますし、枯れたものがそのままになるということを気にせずに好きなお花をお供えできます。また、霊園に入ってからわが家のお墓に行くまでの間も、枯れたお花がそのままになっているようなところが無いので、目に入る景色に気になる点が無くて清々しいです。

軌道エレベーター建設予定地で最高の墓参りをしてきた話(スリランカ/シーギリヤ・ロック) : 超音速備忘録

枯れた花を片付けてくれるということは、管理人の方が定期的にお墓の様子を見てくれているということです。これが何より安心です。

周辺も緑が多くて落ち着く景観

霊園の中は植栽が綺麗ですが、周辺も緑が多くて落ち着く景観です。お墓選びをする際に、街中や高速道路の近くなどは落ち着かないと思っていたので、少し駅から離れてもいいので周辺環境が良いところにしようと家族で話していました。

かといって、山の上などでは霊園へ行くのも、着いてから墓地まで移動するのも大変です。見に行った霊園の中で、高台に位置するところがありました。高台なので見晴らしが良く、墓地からの景色は申し分無かったのですが、駐車場から霊園の入口まで少し距離がありました。

立地的にどうしてもそうなるそうです。また、霊園内も長い階段があったので、祖母には厳しく、将来的に両親や自分が年を取った時にもお墓参りが大変だと思いそこはやめました。

今の場所は、最寄りの駅からだと車で5分くらいのところにあります平坦地で近くに高い建造物は無いので全体的に陽当り良好です。駐車場の目の前が霊園入口で、中はバリアフリーです。

霊園の周りには自生している植物が多く、緑に癒され、静かで落ち着いた環境が気に入っています。かといって、淋しい感じはありません。

お墓参りのしやすさが一番

ひとつのところだけ見て決めるのではなく、色々なところを見て回ることが大切だと思います。その際、できるだけ家族みんなで行くのが良いです。

お墓を探し始めた頃は宗教不問の霊園で、洋風のお墓で、予算は200万円まで、くらいしか決めていませんでした。いくつか霊園を見ていくうちに、環境の良いところがいいとか、お墓参りしやすいところがいいなど、条件が増えていきました。

1ヶ所を見学しただけでは、こうした条件が増えていくことは無かったと思います。複数の霊園を見て、比較しながら「ここが良かった」「ここが気になった」など家族で話しているうちに、自然と意見が出てきたような感じです。

お墓を建てた後で思うことは、「お墓参りのしやすさが一番」です。これは霊園の立地もそうですが、霊園の中の施設や環境についてもです。幸い、わが家はお参りしやすい霊園でお墓を建てることができましたが、実は霊園を決めるときにはお墓参りのしやすさは最優先の条件ではありませんでした。ですが、お墓参りの回数が増えるごとに、お墓ってお参りしてこそだと思うようになりました。