施設の管理体制がしっかりしている霊園

お墓を購入したのは、今からちょうど5年前の事です。
葬儀を終えてから直ぐのお墓の購入だったので、お墓の知識など全く無い状態からのスタートでした。ですが、霊園のスタッフの方が凄く親身になってくれて素敵な墓石を購入する事が出来ました。

まず、何種類もある石の中から選んだのは「桜御影石」いう石。
淡いピンクの色とグレーが細かいドット柄になった様な感じの色合い。地味でもなく、派手でもない何処となく愛らしさを感じさせる様な色彩です。

形は、「破風墓」という形で三角屋根がついた様な形です。この地域では亀甲墓と同様、最も多い種類ではないでしょうか。
値段の方は、約130万円。通常の施工費に全て、(重機持ち上げ、彫刻費)なども含まれていました。

担当してくれた石材店の方は、霊園の紹介だったのですが凄く親切な方で作業始まりから終わりまでの工程を細かく説明してくれ、納骨が終わった後も線香をあげ手を合わせにもやってきてくれました。

畳敷きの休憩所がありゆっくりくつろげる

私共が園内で一番に気に入ってる施設は、畳間でもある休憩所です。畳が20~25畳ぐらいもある広さで、ゆったりとくつろげます。
冷暖房も完備されていますので、暑い時期の法要、寒い時期の法要、天候などに左右されることなく滞りなく済ませる事ができています。
せっかくお墓まいりに来たのに、雨が降ってるから線香をあげて直ぐに帰る、などという事はしたくないですからね。少しでも長居できるこちらの休憩所には、とても助かっております。

また、隣に一緒に隣接されている多目的スペースも気に入ってる施設です。
こちらも広々とした石床のスペースになってまして、教会葬なども行なえるそうです。
スタッフの方にお伺いしたところ、葬儀以外にも地域の住民の方々にもスペースの貸し出しを行っていて、自治会などの集まりに利用してもらってるとの事でした。

そして、もう一箇所のお気に入りの場所は、キッズルーム。
お墓まいりって何?と分からない小さなお子さん達を遊ばせるにはもってこいの場所。
親族が多い一族とかになるとどうしても、5~10名ぐらいはチビッ子達が一緒についてきますからね。

管理人さんが常駐していて安全管理が徹底

園内で特に気に入ってるサービスとして1番は、管理人さんの常駐ですね。
園が開園してる時間帯には、必ず何名か管理棟で待機をしております。
そして、定期的にカートに乗って園内の見回りを行っていて、園の安全管理がしっかりとなされている感じです。

そのカートでは、今からこの園を利用するであろうお客様を乗せて、園内の設備・雰囲気を一緒に見回るサービスも行っております。
納骨堂では、来園者がいつでもお線香をあげる事が出来るよう、出入り自由で凄く助かっております。

また、園内全体がバリアフリー設計されていて年配の方や障がい者の方、お子様連れには、車椅子やベビーカー日傘なども貸し出しを行っているので安心してお墓まいりが出来るようになっていますよ。

もう一つの気に入ってるサービスは、管理棟にある売店ですね。
お線香や、造花で出来た献花・お供花などを販売していてお墓まいりに必要な備品など全てこちらで購入することができます。お線香に火をつけるライターやお酒なども売っていてとても便利です。”

広々した霊園内で海も見渡せる環境

霊園の自然環境は、本当に充実しております。もともとが、大きなレジャーランド施設だったので広々とした霊園になっており様々な木々が植えられ、季節ごとに色々な種類のお花が咲く花壇も設置。

ガーデニング庭花壇の簡単な作り方

そして、そこに集まってくる昆虫なども見ることが出来るのでチビッ子達は、墓地は怖いという意識がなくなるかも。

木々が連なる遊歩道は木陰になっていて、所々に東屋が設置されているのでちょっとしたピクニック気分にもさせてくれます。

また、園の中心部には、大きな池があって結構な高さの石山もあり滝が流れ落ちる光景も見ることができます。そして、この池一面に咲く水花も見事なもんで水鳥が集まってくることもあります。

この霊園自体が、緩やかな高台になっている場所にあるので、見渡せば広大な海も見渡すことができますよ。園の周りも広々としたサトウキビ畑になっているのでとても静かで癒される場所です。
園内全体、車で移動することも出来るので、自分らのお墓の前まで乗り入れすることも出来ます。

施設の管理がしっかりし自宅から近いということ

これから霊園を選ぶにあたって、一番重要だと思うのは、「施設の管理体制」がよく整っているところだと思います。
園のスタッフと1対1で向き合い、分からないことはたとえ小さな事でも事細かく質問してみる。

やはり、一族が一生付き合う事になるので、小さな疑問点なども全て園の方に投げかけてみることが大切だと思います。
それによって曖昧な返事をする園は避けた方がいいでしょう。

また、自らで業者を選ぶのではなく、霊園のスタッフがお勧めする業者さん(石材屋さん、仕出し弁当業者など)を選ぶのが無難だと思います。
身内が亡くなって悲しみに耽っている最中に、お墓作成の商談を行わなきゃいけないので、訳のわからない返事をしてしまいがちになります。

それによって、初めに出してもらった見積もりと実際の請求が違うといったトラブルが起こりうる恐れがあるので、自らで業者選びは行わない方がいいでしょう。
もう一つは、出来るだけ自宅から一番近い霊園を選ぶのがいいでしょう。

遠い場所にあると、行事以外には足を運ぶ事が少なくなりがちなので、近くで探して自分らで「この環境ならいいかな」と思える場所を選ぶといいでしょう。先にも書きましたが、お墓(霊園)は「一族が一生付き合う事になる」新しい家なのですから絶対に妥協はしないことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です