海が見える高台の自然豊かな霊園を購入

2015年11月、海の近くにある霊園で、昔ながらのサイズの半分の広さの場所でした。

霊園で勧められた石も含まれたセットで、御影石(墓地代、外柵 みかげ石本磨、墓石 みかげ石本磨、基本彫刻一式、据付工事一式)で、伝統的な形でした。

また、文字以外に絵なども好きなものを彫ることができるパック価格で、合計価格ははすべて込みで250万円ほどかかりました。

加えて、紹介キャンペーンというサービスもあり、紹介者にも商品券がプレゼントされました。

関西が本店の石材店で、ほかの場所にも霊園を持っていて、いくつか紹介されましたが、自宅に近い場所を希望したため、ほかのところは見学に行きませんでした。

両親の墓の買い直しで、田舎に購入した墓を放棄し、両親、長男、次男家族の名前で、両親と二男の自宅近くに購入しました。

彫の絵は、希望を伝えると、むこうから図案をいくつか提案してくれたり、こちらの絵をスキャンしてデータを作ったりと、フットワークのいい営業マンの方でした。事務の女性1人と、営業マン1人体制でした。

施設から山の上の霊園までマイクロバスで行ける

両親宅、親戚一同の家からのアクセスが良く、駅からバスで向かい、ベースになる待合施設から山の上の霊園まで、マイクロバスで連れて行ってくれるため、場所的には高台で海が見えるような場所ではあるが、歩かずに年を重ねても、お墓参りに行きやすいのが気に入った点です。

待合施設には無料駐車場もあり、お寺も施設内にあるので、単なる霊園という感じでもなく、落ち着いた雰囲気である。また、霊園にはまだ空きスペースもあるので、親戚同士で近場に購入することができたのも良かった点です。

海が見えて、小さな子どもたちとっても、単なるお墓参りのようなさみしい雰囲気ではなく、ちょっと楽しめるようなところもまた良かった点であります。

また、いろんなタイプのお墓があり、モダンなものから、昔ながらのお墓、宗教も問わずということで、親戚ないでもクリスチャンの人間も仏教とも、皆一緒に入ることができる点もありがたかったです。

山の上にあるお墓の近くにも、小屋があり、バスを待つ間、椅子に座ったり、飲み物を買ったりできるのもありがたいです。

悪天候でも車で霊園内まで行ける

先程述べた霊園を走るマイクロバスのサービスが気にっている。それ以外は、特段サービスらしいものはないが、山の上にある霊園なので、バスでも、タクシーでも、自分の車でも、将来的にお墓参りに行く際、悪天候でも山道を心配せずにお参りができる点もうれしい点です。

長崎の墓地がすごい

また、バスを待つための椅子や小屋が、ところどころに用意されていること、夏場を考えて、ジュースを買える場所や、ゆっくりお茶を飲むような、アウトドアの椅子や机が用意されているところも気に入ってます。

定期的に、雑草などの処理も行われ、夏場でも草ぼうぼうの中、お参りする心配はない。サービスはあればあるでありがたいが、それよりも管理費等が押さえ目であることの方がありがたいので、これ以上、何かしらのサービスが欲しいという思いもなく、お墓を子孫代々、引き継いでいけるような価格帯や負担が少なければいい。

あとは、いつの日か子孫が絶えた時に、どこか共同墓地にうつしてくれるようなシステムがほしい。

山の上にある落ち着いた環境

駅からバスですぐ行け、タクシーでもワンメーターで行ける距離でありながらも、自然豊かな場所。山道をのぼっていくと、ハイキングにもなり、上からは海を見晴らせるという立地が気に入りました。

場所的には、今後も開発されるような場所ではないので、ちょっとさみしい雰囲気ではあるが、霊園としては、住宅地にあるのも落ち着かないので、そのような落ち着いたエリアであることはとてもありがたいです。

また、ある程度の広さがあり、たくさんの人がお墓参りに訪れるので、山道の舗装や草むしりなどの管理についても、将来的に放棄されることはないのではないかと、希望的観測ではあるが、大規模だからこその良さはある。

もう一か所勧められた個所は、国道沿いの大きな霊園であり、車でのアクセスはよい場所だったが、排気ガスを吸いながら、車の騒音を聞きながらのお墓参りよりも、自然の中でゆっくり過ごすお墓参りの方が落ち着くのではないだろうか。

草木の影もできないような場所はお天気はよく気持ちがいいかもしれないが、石も痛みそうなので、ある程度湿気があるような環境がよい。

お墓参りをする人間のことを考え近場での購入を

はやめに買うのではなく、お墓参りをする人間がどのでどのような暮らしをおくるのか、ある程度将来像が見えてから購入すべきだと痛感した。

今回も、両親は田舎に墓を購入していたものの、結局はお墓参りにいってもらえないだろうということから、近場に買い替える決心をした。そして、たとえ墓に入らなくても、その間は年会費のようなものを払い、購入代金の返金はないので、数百万を捨てる形を取らざるを得ないという、もったいない結果となった。

それでも、将来のことを考えると買い替えてよかった、と親戚一同喜んではいるが、これからの時代、少子化を迎え、先祖供養のかたちも変わってくるので、その時代の流れを考えながら、あまりはやくから何かを準備するのは、良くないのだろう。

霊園については、知り合いからの紹介で割引があったりと、購入時期によって安く買うこともできるので、気にいった霊園があれば、そのようなキャンペーンをチェックしておくのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です